「ほっ」と。キャンペーン

神経伝達物質の中身とは?


最近は、悩むことが多く、不眠症気味です。
どうして、このような症状が起きるのか、実は精神的な部分が関係し、そしてうつ病などにもなってしまうそうです。

うつ病に関係すると想定されている神経伝達物質とその役割を示している部分にずれが生じてしまいます。

そのために、神経伝達が低下していると考えられ、例えば、セロトニンの神経の機能低下は不安やイライラに、ノルアドレナリン神経の機能低下は興味や関心の低下に、ドーパミン神経の機能低下は喜びなどにも関係してくるんだって。

セロトニン神経の機能を回復させることで治療薬のSNRIはセロトニンノルアドレナリン神経の機能を回復されることにより、うつ病の症状を改選してくれるんですね。

しかし、他の部分としても様々なことが関係するために、まずは症状が強くなったときは病院などの神経内科で見てもらうことが重要になりますね。
[PR]
by jinseipura | 2014-07-12 13:42


<< ADHDの改善薬にアクセプタを...